ぐっすりと睡眠がとれるグッズ

行楽シーズンやゴールデンウイークなどに入ると、夜間を利用して高速バスに乗る機会も多くなると思います。そんな夜行バスは他の交通機関より値段が安く、旅行だけではなく帰省や出張などで利用する人が増えているため、遠方へ行く際にはお得な交通手段といえましょう。
しかし現地に着くまで基本的に降りられず、さらに長時間は同じ姿勢で座席に座らないといけないので、体が疲れきってしまいます。そんな時に車内で使うオススメグッズがあることをご存知でしょうか?それでは順番に見ていきましょう。

まずは「ネックピロー」
やはり長時間居座っていると、首や肩は凝ってしまいます。そこでネックピローがあれば首を優しく支えてくれるので、よく首や肩が疲れる人にはオススメです。

次に「アイマスク」
バスの中で寝ようとするとどうしても明かりが気になってしまいます。しかし、こんな時にアイマスクがあればいつでも真っ暗な状態を作れるので、明かりが目に入らないところで眠りたい人にはオススメです。

最後に「ひざ掛け」
特に夏シーズンだと車内では冷房が強いこともあり、足などが冷えてしまえば具合が悪いでしょう。そんな時にはひざ掛けがオススメです。さらに大きいサイズだと掛け毛布代わりにもなって便利そうですね。

今、紹介したのはほんの一部ですが、まだまだ便利な安眠グッズをこのサイトで詳しく紹介しています。もし高速バスを利用する予定の人は、是非参考にしてくださいね!